インターネット申し込みの方法

消費者金融にインターネットでの借り入れの申し込みをする際、基本的には画面に丁寧に指示がされるのでその通りに必要事項を入力すれば簡単に申し込みが行えます。そのため、特に難しい知識を要求されるということはありません。

入力内容としては、住所や市営といった基本情報、勤務先、年収、他の金融機関からの借り入れ状況といったことを入力していきます。この内容をもとに融資が可能か、そして可能な場合にはいくらの融資ができるかを決めていくので、正しい情報入力が大切です。

人によっては勤務先での雇用形態がパートであることや他の金融機関での借り入れがあることで融資が受けられないことを不安に思って嘘の表記をする人が今雨が、これは逆効果です。パートやアルバイトでもお金を借りることはできますし、他のところで借り入れがあっても条件を満たせば借り入れをすることができます。逆に、嘘を書けば必ずそれはバレますし、相手への印象が悪く審査の中で悪影響となる可能性もあります。そこで、必ず正しい情報入力をすることを心がけましょう。

添付書類は、スマートフォンで撮影してメールで送信するのが最近の方式です。そのため、特に書類を郵送したり書類のみ消費者金融に持参したりという必要もないので、来店不要で全ての申し込みを行うことができるのです。

インターネット手続きの準備物

消費者金融の手続きをインターネットで行う際には、事前にいくつか準備すべきものがあります。まずは、インターネットの環境です。最近の申し込みフォームはパソコンだけでなくスマートフォンでの入力ができるところも増えています。

ただ、手続きの途中でインターネットとの接続が切れてしまうと中途半端な申し込みになってしまうことがありますし、再度初めからやり直しとなることもあります。そこで、安定したインターネット環境であることも重要なことと言えます。

次に、身分証明書と収入証明が必要です。身分証明は公的なものでありなおかつ顔写真が必要です。そこで、パスポートや運転免許証の準備が必要となります。もしも、これらの書類を持っていない場合には複数の書類を用いて身分を証明する必要があるので、必要書類の確認をして揃えておく必要があります。有効な書類の組み合わせ方法については消費者金融のホームページに記載がされていますので、それに従って準備をすれば問題ありません。

給与証明についても、源泉徴収票や所得証明書が必要です。手元にない場合、会社によっては個人で簡単に源泉徴収票を出力できるところと申請をして受け取りまで時間がかかる場合とがありますからこちらも手元にない場合にはすぐの準備が必要です。

来店不要の消費者金融

消費者金融でお金を借りる時の不安点として、借りに行く様子や返済に行く様子を誰かに見られないかということがあります。消費者金融の入っているビルの中へ入って行く様子を見られると、周囲に噂を立てられてしまう不安があるものです。やはり、お金を借りているということは人には知られたくないものです。お金がないということで遠慮をされることも嫌ですし、変な噂を立てられる不安もあります。たとえ真っ当な理由でお金を借りていたとしても、そこまでの事実が伝えられないことの方が多いですから、やはり誰にも知られず借りられることがベストであると言えます。

消費者金融に行かずにお金が借りられたり返済ができたりするとして一昔前には無人契約機が流行しました。建物の中の一角に設けられていたり、郊外の人目に付きにくいところに設けられているために、借りていたり返済していたりする様子を見られなくて済むこと、契約のやり取りも機械を介して行うために誰かに見られたり知られたりするという不安が回避できるのです。とは言っても、無人契約機の中に入る様子が見られないという安心感はなかなか起きないものです。

そこで、より人に知られる心配がなく利用できるのがインターネットを利用した消費者金融の申し込みです。ただ、最近はなんでもインターネットでの手続きができるようになっているものの、それに伴うトラブルも起きています。そのため、インターネットとなるとトラブルの心配もある人も多いものです。そこで、ここではこれから利用する人が安心できるよう、手続きの方法や注意点といったことを紹介していきます。